読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生物物理計算化学者の雛

主に科学に関する諸々を書き留めています。

プロポーショナルフォントを縦に並べるとずれて見栄えが悪いので注意

プレゼン資料作成

フォントは文字ごとに文字幅が異なるプロポーショナル(可変幅)フォント全ての文字が等しい文字幅の等幅(固定幅)フォントに分けることができます。

Windows環境でよく使う「MS ゴシック」「MS 明朝」フォントは固定幅フォントであり、「MS Pゴシック」「MS P明朝」フォントは(文字Pはプロポーショナルフォントを表しており)プロポーショナルフォントです。

また英語入力時のデフォルトである「Century」や、論文等の執筆でよく使う「Times New Roman」等、多くの英字フォントはプロポーショナルフォントです。

このプロポーショナル・固定幅フォントは縦に文字を並べるときには使い分けに注意する必要があります。

その代表例がプログラムのソースコードを表示する時と、表の縦方向にデータを並べるときです。


そのように縦にデータを並べる用途では固定幅フォントである「MS ゴシック」を使うのが無難です。