読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生物物理計算化学者の雛

主に科学に関する諸々を書き留めています。

プレゼン資料作成

プロポーショナルフォントを縦に並べるとずれて見栄えが悪いので注意

フォントは文字ごとに文字幅が異なるプロポーショナル(可変幅)フォントと全ての文字が等しい文字幅の等幅(固定幅)フォントに分けることができます。Windows環境でよく使う「MS ゴシック」「MS 明朝」フォントは固定幅フォントであり、「MS Pゴシ…

パワーポイントで縁取り文字を作成する

研究を説明する絵を作成する際に、普通に文字を絵に重ねると見づらくなってしまうことが多々あります。そんな時は文字を縁取りすると見やすくなります。 「文字の効果―光彩」による縁取り パワーポイントの「文字の効果―光彩」機能を使うと、縁取りを簡単に…

分子構造可視化プログラムQuteMol

タンパク質等の分子構造をキレイに描画できるプログラムQuteMolを紹介します。http://qutemol.sourceforge.net/Windows、MacOS X に対応しています。 分子構造の入力はPDBフォーマット形式です。 多彩な描画形式 RCSB の David S. Goodsell博士が解説する今…

A0ポスターをコンパクトに持ち運ぶ方法

最近、学会のポスター発表では多くの人がA0サイズの大きなポスターを貼っています。 普段よく使うA4サイズの紙をポスターとして使うよりも、A0サイズであれば大きな絵を載せることができ、ポスターの見栄えがかなり良くなりますので人気が出ているので…

Illustratorで回転を表すリボンのような立体感のある矢印を描画する

分子の二面角の回転等、軸の周りを回転することを描画したいケースがあります。 この場合、リボンのような立体感のある矢印が見やすくてよいです。 Adobe Illustrator CS6 での描画手順を解説します。

立体的な二次元Gauss分布っぽい絵をIllustratorで作成する

前回のレーザー原理解説の説明に使った絵は全てIllustratorで作成したものです。 その中で、状態の存在確率を二次元Gauss分布(正規分布)的な絵で表現していましたが、その絵の作成手順を説明しておきます。 なおこの作業はIllustrator CS6で行いました。 …

Adobe Creative Cloud の使い勝手

月額固定料金(個人5,000円、アカデミック4,000円)でAdobeのIllustrator, Photoshop, Premiere, After Effects 等全てのCreative Suite CS6 プログラムを利用できるAdobe Creative Cloudを契約して数カ月経ちましたので、使い勝手を書いておきます。 (2013…

ffmpegによる連番画像ファイルから動画への変換

MD計算結果等の動画を作成する際には、まず連番画像ファイルをbmpやpng等の形式で作成し、それを動画に変換します。 この変換はffmpegによりコマンドライン上で行うことができますので、その手順を解説します。 (昔はAdobe Premiereに大量の画像ファイル…

CMYKカラーモデルでの黒色

はてなブックマークを眺めていたらこんな記事を発見。 http://ameblo.jp/data-genkou/entry-10492681977.htmlCMYKカラーではシアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)、そして黒色を表現するキー・プレート(Key plate)の4種類の成分で色を…

PowerPointで印刷時に半透明が縞模様になるのを回避する

パワーポイントで図形を半透明にすることができますが、印刷時に縞模様になってしまいます。 Microsoftのサポートページ(http://support.microsoft.com/kb/815001/ja)によるとこれは仕様だから、あきらめて印刷用途では半透明を使わないようにするか、ある…