読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生物物理計算化学者の雛

主に科学に関する諸々を書き留めています。

sonyがVAIOから撤退かぁ

計算機ハード

今日ソニーからPC事業(VAIO)から撤退するニュースリリースありました。
Sony Japan | ニュースリリース | PC事業の譲渡に関する意向確認書の締結について

VAIOのブランドは長野にあるPC事業拠点、従業員とともに日本産業パートナーズ株式会社に譲渡されます。

中国企業にIBMから譲渡されたLenovoブランドと同じように、VAIOブランドは当面はsonyの手を離れますが存続するようです。



振り返ってみると、2010年にデスクトップPCからノートPCに移行する際にVAIO Zを購入したのが初めてのVAIOでした。

通常電圧版のCore i5を搭載、Full-HDディスプレイ、13インチ液晶&重量1.3kgのポータブル性、といったスペックが魅力的だと感じたためVAIO Zを購入したと記憶しています。

そしてVAIO Zを3年間使い倒して、昨年Vaio Pro 11を購入しました。
VAIO Pro 11 を注文―VAIO Pro 13, Duo 13との比較結果― - 生物物理計算化学者の雛


Vaio Pro11はタッチパネルを外せば重量が800gを切るという極めて軽量であったことが魅力的でした。


また2~3年後には新しいVAIOを購入したいと思っていたので、今回のsonyのVAIO撤退は極めて残念に思うところです。

ですが、ノートPCの売上はタブレットやスマホといったより軽量なガジェットに喰われ続けている、特に途上国ではその傾向が強いようで、すっかり赤字を垂れ流すお荷物事業になっていたわけで、時代の流れには勝てなかったということでしょうね。

しばらくは切り離されたVAIOブランドがどう展開されていくのか注目していきます。